セックスのスタイルも多様化し、今ではバーチャルな手段で擬似エッチにも積極的にチャレンジする男女はどんどん増えています。
音声や文字、映像だけで本当にエッチしている感覚をつかむのは慣れやコツが要るので、始めるまで戸惑いやためらいもあるかもしれません。
しかし一度その楽しさを体験するとのめり込んでいく奥の深さもありま
なかでもテレクラやテレエッチとは勝手が違うライブチャットについて、効果的に女性を興奮させる方法を学んでいきましょう。

どうやって画面越しの女性を興奮させるか?

Finding solutions

Finding solutions

ライブチャットでは普通、女性だけが映像を配信して、男性はそれを眺めながらチャットだけでお相手をします。
男性としては女性の容姿にこだわる人が多いし、想像力の高い女性は文字の反応だけでも自分を高められるので、自然に定着したスタイルと思われます。
しかし女性側にしてみれば、相手の姿が見えない不安も多少はあるでしょう。
それも慣れてくると、見えないからこそ好きなように相手を想像する余地もあるし、危険な感じがかえってドキドキするという意見もあります。
このようなライブチャットならではの魅力にぴったり合うのは、言葉で調教するプレイではないでしょうか?
自分だけが見られている感覚によって女性はMっ気を引き出される効果がありますし、姿が見えない男性としても遠慮なくSの役割を演出できます。

バーチャルSMプレイをするときの注意点

男性がSっ気たっぷりに女性を言葉で攻めるプレイでも、最低限の礼儀や気遣いはわきまえていなければなりません。
役割とは言え、顔も知らない相手からきつい命令口調で支持されるのは、興奮どころか不快に感じる女性は少なくないでしょう。
口調はあくまでもソフトで丁寧に、「○○してほしいな」「○○しながら触ってみて」と気持ちよく女性を誘導するのがポイントです。
SMの過激なイメージにとらわれて高圧的になり、女性から嫌われないように気を付けたいですね。